卒業生の声

国際料理コンクールで、日本代表として大活躍!

調理現場で、日々技術向上や知識の修得に努めてきました。その結果、若手料理人世界一を決める国際料理コンクール「サンペレグリノ ヤングシェフ2016」の日本代表に選出され、ミラノで行われた世界大会にも出場することができました。
HANAで学んだことが、すべての基本となっています。

 

お客様の「美味しい!」が一番の喜びです

お客様に、自分の作った点心・デザートを「綺麗・美味しい」と言われることが最高の喜びです。
中国料理には、女性でも十分に責任ある立場として活躍できる場があり、毎日がとても充実しています。

 

ケーキで夢を与えたい

HANA在学中に普段の授業で行った実習や、先生からいただいた何気ない一言が、現在の仕事に大変役立っています。
パティシエは、人に夢を与えられる素晴らしい仕事。これからこの分野を目指す皆さんにも、大変でも好きなことに精一杯チャレンジしてほしいと感じています。

 

コミュニケーションの大切さ

社会に出てからは、コミュニケーション能力の大切さを特に感じています。
学生時代に先生方や多くのクラスメイトと接してきたことが、仕事上でも活かされています。